トップ > 文教の伝統

価値ある選択。価値ある選択。

文教の伝統に培われた歴史を
今に受け継ぐ、成熟の住宅街。

石川県立金沢泉丘高等学校(徒歩12分・約910m)

旧制石川県立金沢第一中学校が前身の創立120年を超える伝統校。SSH・SGHに指定されており、「心身一如」の学びを通して、世界を視野に高い志を持つ人材の育成が図られています。

  • 文部科学省より
    スーパーサイエンス
    ハイスクール〈SSH〉に指定
  • 文部科学省より
    スーパーグローバル
    ハイスクール〈SGH〉に指定
金沢大学附属高等学校(徒歩29分・約2,290m)

金沢大学附属学校園に属する高校で、金沢大学との連携も視野に入れた学びの場。「自主自立」の校風で、生徒と先生との強い信頼関係が育まれています。

金沢大学附属学校園

・金沢大学附属幼稚園 ・金沢大学附属小学校

・金沢大学附属中学校 ・金沢大学附属高等学校

石川県立金沢二水高等学校(徒歩19分・約1,510m)

グローバル社会のリーダーとなる広い視野を有した人材の育成を目指した多彩な教育活動が展開されており、卒業生は幅広い分野で、国内外に活躍しています。

  • いしかわニュースーパー
    ハイスクールに指定
石川県立金沢錦丘高等学校(徒歩30分・約2,370m)

旧制石川県立第二中学校を前身とする100年超の歴史を有した伝統校。現在は県立金沢錦丘中学校との中高一貫教育が実施されており、注目を集めています。

  • 金沢錦丘中学校・錦丘高等学校 中高一貫教育
  • 文部科学省より
    研究開発校に指定
EDUCATION

金沢泉丘高等学校や金沢二水高等学校も近接する教育環境。

「泉が丘」は金沢を代表する成熟の地であるとともに、文教の地としても知られたところ。
創立120周年を超える伝統を有した県立金沢泉丘高等学校をはじめ、周辺には金沢大学附属高等学校や県立金沢二水高等学校などが立地しています。
また、校区は金沢市立泉小学校・泉中学校で、2017年から小・中連携を視野に入れた先進教育がスタート。
充実した教育環境が「泉が丘」の大きな魅力となっています。

金沢文教地区ゾーニングイメージ

◎金沢文教地区ゾーニングイメージ/地図を基に位置関係等を簡略化して表現したもので、実際とは異なります。

金沢市立泉小学校・泉中学校が
新たな時代を拓く。

2017年度の新学期から、隣接した小・中学校で連携を
視野に入れた教育が始まります。

市立泉中学校(徒歩10分・約750m)

新校舎イメージ図

新校舎イメージ図
※イメージにつき実際と異なります。

CULTURE

街並みにモダンな佇まいを見せる
泉野図書館など、文化施設も充実。

教育環境の充実だけではなく、文化的な風土もこの地の洗練を物語る魅力の一つ。徒歩5分には市立泉野図書館があり、その先進のフォルムが金沢の新しい文化施設として話題を集めています。蔵書は約40万冊。 お子さまに本への親しみを育む展覧会や映画会なども開催されています。

泉野図書館(徒歩5分・約400m)

SPORTS

金沢南総合運動公園など、
近代以降のスポーツ文化もこの地に。

徒歩4分にある金沢南総合運動公園は、その前身が大正14年(1925年)に皇太子※1御成婚の記念事業として建設された公設運動場で、これが泉が丘の地に育まれたスポーツ文化の礎を築きました。また徒歩12分には金沢市総合体育館があり、日々、多くのスポーツ愛好家がこの地に集います。
※1.後の昭和天皇

金沢南総合運動公園(徒歩4分・約250m)

  • 金沢市総合体育館(徒歩12分・約890m)
  • 金沢南総合運動公園・バラ園
※掲載の情報は平成29年6月現在のものです。
※掲載の写真は、平成28年1・4月撮影。

簡易MAP

物件概要